100歳まで歩ききるための関節を守る正しい歩き方

正しい歩き方で防げる【頻尿、尿漏れ】

もも裏歩きウォーキング 頻尿 尿漏れ 内臓下垂

頻尿と寝不足の関係性

「夜中に何回もトイレに起きる」そう訴える患者さんもたくさんいます。

多い人だと5回も起きるそうです。

もう寝ているんだか、起きているんだか、わかりませんよね。

そうなってくると、完全に慢性的な睡眠不足と成りうるのです。

 

頻尿ではなく、普通の人の寝不足を想像してみましょう。

仕事で夜遅い帰宅が続き、寝不足。

アメドラを見ていて、寝不足。

飲み会が続き、寝不足。

ユーチューブを見ていて、寝不足。

 

そんな日の次の日、日常活動は、どんな風になっていますか?

 

いつもより頭が回らない。

集中できず、すぐに休憩。

出かけるのが面倒になり、用事を先送り。

買い物もせず、あるもので。

 

こんな経験がたくさんあると思います。睡眠不足が日常の活動を狭くしてしまうのです。

 

今回、頻尿と認知症の関係を調べてみました。

 

認知症になると、頻尿や尿失禁の症状が出て、悪化すると、どこでもしてしまうようになるのです。しかし、頻尿により認知症になりやすいということは、書かれていません。

 

そこで、睡眠と認知症の関係について調べてみました。

 

認知症が睡眠障害を引き起こすだけではなく、睡眠障害が認知症のリスクを高めると書いてあったのです。

頻尿→睡眠障害→認知症

これらを私的にまとめると、

頻尿→睡眠障害→認知症

このように受け取れるのです。ということは、頻尿にならなければ、質の良い睡眠がとれて、日中の生活も活動的で、認知症のリスクも軽減される、という風に考えられないでしょうか?

何より先に大事なことは、頻尿を食い止めることになってきます。

なぜ頻尿になるのか?

様々な理由があるようです。

1,膀胱の病気や炎症

2,前立腺の病気

3,脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、

脊髄損傷など膀胱の神経を障害する病気

4,腎臓の病気

5,精神的不安や緊張が原因の心因的原因

 

これらが頻尿の原因とされています。

しかし、これらには当てはまらないという人も数多くいませんか?

 

頻尿を骨格と筋肉的な理論で導いて解説してみます。

下記の図を見てください。

膀胱の上には何がありますか?

子宮、大腸、小腸、内臓脂肪、腸内の内容物。

こんなにあるわけです。

これらが下垂すると、いつも膀胱を押していることになります。

 

内臓の下垂はどうして起こるのでしょう?

 

下腹部の締めがないからです。よく言われる骨盤底筋群です。

これらが退化し、緩んだ状態だと、お腹の内臓が下がり放題なのです。

さらに、骨盤が前傾して、反り腰になると内臓はお腹側に出てくることになります。

内臓が前に出ながら、下がっているのです。膀胱は膨らむスペースを失います。

そんなに溜まっていなくても、いっぱいだと感知して、尿意となるのです。

内臓の下垂は、尿だけにとどまりません。圧縮された腸は、便秘も引き起こします。夜中トイレに行きたくないから、水を制限してる人もいます。

ただでさえ、慢性脱水の人が多いのに、さらに脱水させて、便秘を助長させている人も数多いのです。もちろん、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも上げてしまうことにもなります。

 

頻尿を簡単に考えることはできなくなりますね。

 

「もも裏歩き」ウォーキング法は、後ろへ強く、早く、後ろへ広く、長く歩く

この動作は、支点である下腹部が必要となります。

女性の方が下腹部を締めづらくさせている原因をこのYou Tubeでもお話しているので見て下さい。

下腹部をしっかり締めつつ、もも裏歩きをするということは、勝手に体幹を強くするトレーニングになっているのです。

引きの強さや速さが出てきた人は、下腹部の強くなってきている証拠です。

実際にもも裏歩きを上手になってきた人で、夜中のトイレの回数が減ったという声も聞きます。

つまり、下腹部を締め続けれるようになり、下がるスペースを無くしているので、下垂した内臓が上がってきて、膀胱の圧迫もなくなってきたのだろうと推測できるのです。

もも裏歩きができれば、こんな効果も期待できちゃうんです。

将来的には、認知症予防にも繋がってくるわけです。

シェアできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

高木広人
一般社団法人 もも裏歩きウォーキング協会 代表
はじめまして。 【もも裏歩きウォーキング協会】代表の高木広人(タカギ ヒロヒト)と申します。1977年3月10日生まれ 北海道出身 AB型 東京在住 既婚 柔道整復師 整体師 ウォーキングトレーナー  治療歴24年 延べ12万人以上を施術 尊敬する医師の元で整形外科学を140時間以上受講 自らの開発した整体「骨格治療整体」を商標登録 29歳の時に東京都江東区にて、「金の指銀の指」を開業 著書「1日2分もも裏歩きでひざの痛みがたちまち消えた」