100歳まで歩ききるための関節を守る正しい歩き方

正しい歩き方とは?【開いた骨盤が閉まる】

もも裏歩きウォーキング 骨盤

正しく、もも裏歩きを行い、もも裏の筋肉(ハムストリング)を使うことによって、

膝を正しい位置に維持できるというお話はしました。

https://momouraaruki.net/osteoarthritisoftheknee/

 

実は、さらに朗報がございます。

 

下腹をたるませ、前傾し倒れた骨盤も、お尻を大きく見せ、開いた骨盤も、正しくもも裏歩きをすれば、骨盤のゆがみも治るのです。

 

だって、骨盤矯正に行って、スッキリな腰周りにしても、みんなまた戻るじゃないですか!

 

姿勢はもちろんのこと、何より歩き方を変えなければ、いくら矯正しても、元に戻るのです。

ある意味、整体や治療院の職業妨害になるようなお話ですが^_^;

 

 

では、どうして骨盤が閉まるのか?説明して行きましょう。

 

骨盤がゆがみに関係する需要な筋肉は4つ。

・下腹部の筋肉(骨盤底筋群)

・陽骨筋(腸腰筋)

・大腿直筋(もも前)

・ハムストリング(もも裏)

これらです。

これから話す説明は、前提条件として、下腹部が締まっていてのお話になります。

 

骨盤の前側の骨には、大腿四頭筋がくっ付いています。

下の図を見ての通り、

 

もも裏歩きウォーキング 大腿四頭筋
もも裏歩きウォーキング 大腿四頭筋

大腿四頭筋が固くなり縮まってしまえば、骨盤は前に倒れ転がるのです。

 

骨盤の坐骨には、ハムストリングがくっついています。

下の図を見ての通り

ハムストリングが縮まってしまえば、骨盤は後ろ倒れ転がるのです。

実際には後ろに転がすところまで行きません。真下に引っ張るだけなので、正確には、前傾を戻すと言った方が良いでしょう。

 

骨盤の内側には、腸骨筋がくっ付いています。

下の図を見ての通り

 

腸骨筋が縮まってしまえば、骨盤は前に倒れ転がるのです。

 

ここで、皆さんお気付きでしょうか?

 

前に倒れ転がす筋肉は2つ。(正確には、あと2つありますが)

後ろに倒れ転がす筋肉は1つ。(正確には3つですが)

 

前に倒れ転がす筋肉の方が多いのです。しかも、前に転がす筋肉たちは、下腹部が緩み、骨盤の抑えがなくなると、常に重みを受けて、力の入った状態となります。(立っている時のかかと体重)

 

力を入れている意識はなくても、力が入っいて、

上半身が後ろに倒れないようにいつも頑張っているのです。

 

座っている時も、出っ尻でなんかで座ろうものなら、前に転がす筋肉たちは、常に縮んでいることになります。縮ましているつもりはなくても、長時間座るということは、股関節の付け根を縮めていることになっています。前に転がすつもりはなくとも、腸骨筋と大腿直筋が固く縮まれば、骨盤は倒れてしまうのです。

 

それにプラスして、

 

後ろに転がす筋肉を使わない症候群(ハムストリングを使わない)になっていれば、尚更なのです。

 

・黙っていれば、縮まる、骨盤を前に転がす筋肉。

・歩いても使っていない人の骨盤を後ろに転がす筋肉。

 

この悪循環により、骨盤は開き倒れるのです。

 

では、どうすれば良いのでしょう。

 

・骨盤を前に転がす筋肉を伸ばし緩める。

・骨盤を後ろに転がす筋肉を縮まし強くする。

 

この作業を年中行う必要があるのです。

下の図の見てください。

ちょっと見えにくいですが、

赤い紐が骨盤を前に転がす筋肉

みどりの紐が骨盤を後ろに転がす筋肉

赤い紐を伸ばして、みどりの紐を縮めて使う。こういう事になります。

 

ここで、ポイントがあります。

後ろに歩幅を広げればもも前は伸びますが、

もも裏は使っていないので、骨盤は倒れたままなのです。

 

要するに、ただ広げるだけではダメなのです。

もも裏の後ろに倒れ転がす筋肉であるハムストリングを使って、後ろ歩幅を広げなければ、

倒れ、開いた骨盤は、起きて、閉じてくれないのです。

 

もも裏歩きウォーキングは、骨盤を前に倒れ転がす大腿直筋と腸骨筋を伸ばしながら、

骨盤を後ろに戻すハムストリングを使う歩き方なので、開いた骨盤が閉まるのです。

 

もうやらずにはいられませんね。

でも何より先に、下腹部が締めてから行うことが必須ですけど。

 

シェアできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

高木広人
一般社団法人 もも裏歩きウォーキング協会 代表
はじめまして。 【もも裏歩きウォーキング協会】代表の高木広人(タカギ ヒロヒト)と申します。1977年3月10日生まれ 北海道出身 AB型 東京在住 既婚 柔道整復師 整体師 ウォーキングトレーナー  治療歴24年 延べ12万人以上を施術 尊敬する医師の元で整形外科学を140時間以上受講 自らの開発した整体「骨格治療整体」を商標登録 29歳の時に東京都江東区にて、「金の指銀の指」を開業 著書「1日2分もも裏歩きでひざの痛みがたちまち消えた」